2021年4月2日金曜日

【中止】天響 -Ten Note- ヴァイオリンとギター デュオコンサート 2021年4月25日(日)開催!

本公演は、諸事情により中止することとなりました。楽しみにされていた方、様々な形で応援して下さった方、誠に申し訳ございません。


天響 -Ten Note- ヴァイオリンとギター デュオコンサート

2021年 4月25日(日) 13:30開場 14:00開演

@スタジオ・ベルソー (茅ヶ崎駅南口徒歩3分)

〜予定プログラム〜 

パガニーニ:ソナタ・コンチェルタータ イ長調 

      チェントーネ・ディ・ソナタ 第6番 イ長調

山田耕筰作品(富川勝智編曲)

近藤浩平:水を運ぶ少年

J.S.バッハ:無伴奏パルティータ第3番 ホ長調 より プレリュード、ガヴォットとロンド

宮城道雄:春の海 ほか

<オープニング・アクト> 

地元茅ヶ崎の若手ギタリスト小橘田ひろみが、 グラナドス「詩的ワルツ集」(抜粋)を演奏!


定員50人(収容率50%)の予約制です。メールまたはお電話でご予約ください。

  • 主催:湘南クラシック音楽を愛する会
  • 代表:藤本辰也 090-3695-5450   shonan.classic@gmail.com 
  • 料金:3,000円、高校生以下 1,000円 (喜捨受付) 
  • 会場:スタジオ・ベルソー(茅ヶ崎市共恵1-8-20 Le Berceau ビル5階)


田中幾子(たなか いくこ)

アイティ I.T Violinとして活動中。 数学者を父に持つ3歳からヴァイオリンを始める中学時代をマサチューセッツ州ボストンで過ごす。 これまでに朔望G・ボーナフ三木妙子石井志都子の各氏に師事。 

ソロアルバム『我儘なソリスタ』IIIデュオアルバム『Paganini Meetings』を発表


富川勝智(とみかわまさとも) 

クラシックギターの本格的なプログラムによる演奏会と同時にバロックギターやビウエラなどを用い た古楽の分野でも精力的に活動を行なっているまたジャズやポピュラーのミュージシャンとの共演も 多くジャンルに囚われない活動で注目されている

 1972年北海道札幌生まれ上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業ギターを佐藤佳樹手塚健旨 氏に師事するその後スペインに渡りホセ・ルイス・ゴンサレスアレックス・ガロベーに師事帰 国後精力的に演奏活動を行うとともにヤマハやシンコーミュージックなどの出版物への編曲や教本 執筆も多数。 音楽史への造詣も深くギター専門誌に連載などを行う楽曲解説や奏法解説を多数執筆「ガルシ ア・ロルカと同時代のギタリストたち」などの本格的な研究論文なども発表しギター史研究家として も精力的に執筆活動をしている

 洗足学園音楽大学ワールドミュージック科講師(クラシックギター専攻)公益社団法人日本ギター連 盟理事ギターリーダーズクラブ正会員
CD「Circulation」や「Guitar Travelogue」「わたしたちのスペイン」はギター史への深い知識と演 奏家としての優れたアンサンブル能力を感じさせる名盤として各メディアにて高く評価されている。 2019年に発売されたソロアルバム「組曲プラテーロとわたし」はレコード芸術誌特選盤に選出された


天響 -Ten Note- 

クラシックギターの伝統的な演奏スタイルを継承しつつもジャズやロックな どの様々なジャンルのアーティストとの共演やユニットにおいて更なる可能性 を追求し続ける富川勝智とヴァイオリンの可能性を拡げるためクラシックか らポップスホールからストリートまで様々なフィールドで活動しオーケス トラも主催しているアイティで結成されたハイブリッドユニット。 

パガニーニの秘曲を取り上げる『Paganini Meetings』コンサートシリーズを 始め日本で演奏される機会が少ない作品を取り上げ続けるなどヴァイオリン とクラシックギターでしか表せない世界を繰り広げている


  • 参加者の氏名連絡先をホールが14日間保管します
  •  マスクの着用をお願いします入場時に体温測定を行います
  •  熱発味覚嗅覚の異常など体調に異常がある方は 参加をご遠慮ください
  •  未就学児参加可(静かに鑑賞できること)






2021年3月6日土曜日

杉浦菜々子ピアノリサイタル 〜オマージュの系譜 それぞれの追憶(オマージュ)〜 2021.3.28(日) 開催!

 2021年3月28日 日曜日 14時開演

杉浦菜々子ピアノリサイタル 〜オマージュの系譜 それぞれの追憶(オマージュ)〜


セヴラック:シューマンへのオマージュ

橋本国彦:タンスマニズム

山田耕筰:即興曲(榎政則補筆完成)

モンポウ:ショパンの主題による変奏曲 より

武満徹:雨の樹素描Ⅱ~オリヴィエ・メシアンへの追憶に~

石田一郎:ドビュッシーを讃えて

荻原利次:ドビュッシーを讃えて


【連弾】~清水友美さんを迎えて~

セヴラック:ぶどう棚の踊り~歌劇『風車の心』より~」(連弾版)

近藤浩平:茅ヶ崎のミヨー(初演)


【山田耕筰ピアノ曲出版プロジェクトより】

山田耕筰 歌曲編曲作品

「この道」(永井みなみ編曲

「あわて床屋」(平野真奈編曲

「砂山」(青木聡汰編曲


近藤浩平Webページ
http://koheikondo.com



■杉浦菜々子

5歳からピアノを始める。共立女子大学文芸学部日本文学コース卒業後、ヤマハシステム講師として伊藤楽器に勤務し、そののち武蔵野音楽大学大学院博士前期過程修了。同大学にて伴奏研修員を務める。山田彰一氏、崎川晶子氏、土屋美寧子氏、和波孝禧氏らに師事。これまでソロリサイタル、他楽器とのデュオリサイタル、トリオリサイタルなど多く開催。2018年5月にチェコフィルハーモニーゾリステンと共演。2016年よりピティナ公開録音コンサートで「日本人作品の夕べ」シリーズとし、数多くの音源のない作品を演奏、その音源がピティナピアノ曲事典に登録されている。2018年11月にCD「山田耕筰ピアノ作品集」をリリース。「レコード芸術」誌にて【特選盤】に選出される。

また、後進の指導や地域での活動にも力を注いでおり、日本クラシック音楽コンクール審査員、ピティナピアノステップアドヴァイザーを務め、公共施設でのロビーコンサートなどに定期的に出演している。

日仏現代音楽協会正会員。日本音楽表現学会会員。ピティナ正会員。


■主催者より

武満徹さんがまだ本当に駆け出しの頃、作曲家の清瀬保二さんのお宅に教えを乞いに行ったところ、清瀬さんが楽譜を取り出し「君が好きなのはこういう音楽だろう」と言ってピアノで弾いてくれたのがモンポウのピアノ曲とセヴラックの歌曲で、いずれも素晴らしかったと述懐しておられます。 
このコンサートでは、その武満さんの曲とモンポウ、セヴラック(セヴラックは今年没後100年になります)を聴いて頂こうと思います。 

さらに、ポータブル蓄音機(HMV102)にてリュシエンヌ・ボワイエのシャンソン「聴かせてよ、愛のことばを」(1930)をかけたいと思います。 
これは武満さんが1945年に親元を離れた勤労奉仕活動中に聴いて衝撃を受け、音楽家の道を志す決意をした曲です。当時15歳。下士官が内緒で蓄音機で聴かせてくれたそうです。そのSPレコード(日本盤)を入手したので、当時と同じ再生環境で聴いて頂きたいと思いました。 

もう一つの軸は「オマージュ」で、この伝統はクラシック音楽ならではの素晴らしさだと思います。あまり聴くことの出来ない日本人作曲家のオマージュ作品、そして同時代の作曲家、近藤浩平さんにもオマージュの新曲をお願いいたしました。 
演奏は、日本人作曲家の発掘、研究を熱心に続けておられる杉浦菜々子さんです。山田耕筰のピアノ曲を原典に当たって見直し、演奏した素晴らしいアルバム「山田耕筰ピアノ作品集」はレコ芸特選盤となりました。連弾の清水友美さんか地元茅ヶ崎で活躍する現代音楽のピアニストです。 

会場は茅ヶ崎駅南口徒歩3分の音楽専用ホールです。音響設計は永田音響、ピアノは1960年製の小ぶりなベーゼンドルファーです。収容率50%の50席ですので、ゆったりとお聴きになれると思います。ぜひ、ご予約下さい。 



2021年3月28日(日)13:30開場、14:00開演

定員50人(収容率50%)の予約制です。メールまたはお電話でご予約ください。

主催:湘南クラシック音楽を愛する会

   (代表:藤本辰也 090-3695-5450、shonan.classic@gmail.com)

料金:2,000円(喜捨受付)

会場:スタジオ・ベルソー(茅ヶ崎市共恵1-8-20 Le Berceau ビル5階 茅ヶ崎駅南口徒歩3分)

   銘器ベーゼンドルファー グランドピアノを擁する素晴らしい音響のホールです。


●参加者の氏名、連絡先をホールが14日間保管します。

●︎マスクの着用をお願いします。入場時に体温測定を行います。

●︎熱発、味覚、嗅覚の異常など体調に異常がある方は参加を

 ご遠慮ください。

●未就学児参加可(静かに鑑賞できること)



2021年1月20日水曜日

清水友美ピアノリサイタル 山田耕筰のピアノ音楽の世界 Vol.3 2021年2月27日(土) 13:30開場、14:00開演

 下記要領にて清水友美さんによる「山田耕筰のピアノ音楽の世界 Vol.3」をお届けします。
茅ヶ崎ゆかりの作曲家 山田耕筰の作品に加え、今を生きる現代の作曲家たちの作品も併せてお楽しみ頂きます。今回は連弾もございます。
定員50人(収容率50%)の予約制になります。注意事項をご確認の上、お申し込み下さい。

(追記)今回は清水さんの湘南SHOW点と共催となり、清水さんのマネジメントでインターネットライブ配信も行います。よろしくお願いします。


インターネットライブ配信 視聴料金1,000円。ライブ配信は後日でも録画をご覧頂けます。配信に関するお問合せ・お申込みは清水さんまで

090-8516-5649   clef-de-sol@jcom.home.ne.jp



2021年2月27日(土) 13:30開場、14:00開演
会場:スタジオ・ベルソー(茅ヶ崎駅南口徒歩3分) 
茅ヶ崎市共恵1-8-20 Le Berceauビル 駐輪場あり


プログラム

山田耕筰:

 ソナタ ト長調

 ピアノのためのからたちの花

 この道(佐原詩音 編曲)※初演


成田為三:

 浜辺の歌(會田瑞樹 編曲)※初演


近藤浩平:

 島(抜粋、連弾:佐藤浩紀)

 山田耕筰に捧ぐる曲


佐原詩音:

 落下する秋、静かー茅ヶ崎市美術館ー


清水友美:

 川上音二郎版「八十日間世界一周」劇中音楽より※初演


梅本佑利:

 Famous Insects #1《甲虫系列 #1for piano (inspired by The Beatles - "Let it Be")

 Famous Insects #2《甲虫系列 #2for piano (inspired by The Beatles - "Blackbird" and Bach - BWV 996)

 Famous Insects #3《甲虫系列 #3for piano (inspired by The Beatles - "A Day in the Life") 初演


主催 湘南クラシック音楽を愛する会
   shonan.classic@gmail.com
   090-3695-5450 (藤本)
   
•定員50名(収容率50%、予約制)
•料金2,000円 (+喜捨受付)
•未就学児可(静かに聴けること)
•前売りは行いません。ご予約をお願いします。
•参加者の氏名、連絡先をホールが14日間保管します。
•マスクの着用をお願いします。入場時に体温測定を行います。
•熱発、味覚、嗅覚の異常など体調に異常がある方は、参加をご遠慮ください。

清水友美Webページ
https://ameblo.jp/tomomi-shimizu

近藤浩平Webページ
http://koheikondo.com

佐原詩音ブログ
https://ameblo.jp/siyyon710/

會田瑞樹Webページ
https://mizukiaita.tabigeinin.com

梅本佑利Webページ
https://www.yuriumemoto.com