2020年9月30日水曜日

2020年11月29日 日曜日 杉浦菜々子ピアノリサイタル 〜山田耕筰を巡るピアノ音楽と現代の作曲家たち〜 開催!

延期になっていたコンサートがプログラムを一部変更して再出発です!
定員20人の予約制となります。メールまたはお電話でお申し込みください。


杉浦菜々子さんより
山田耕筰「あかとんぼ」発祥の地、茅ヶ崎は山田耕筰の作品が盛んに演奏される地です。
 今回のプログラムは、山田耕筰に影響を与えた西洋の作曲家ブルッフ、R.シュトラウス、スクリャービンと山田作品を並べて演奏する試み。
 そして、後半はそこから現代作曲家へ通じる道へ。近藤浩平氏への委嘱作品「山田耕筰に捧ぐる曲」の初演、茅ヶ崎に因んだ佐原詩音氏への委嘱作品の初演、2002年生まれの新鋭、梅本佑利氏の新作初演、山田耕筰歌曲編曲の新曲初演を行います。




【プログラム】

山田耕筰:メヌエット
山田耕筰:夜の歌1. 夜の歌2.
山田耕筰:舞踏詩「青い焔」
山田耕筰:「城ヶ島の雨」
(歌曲編曲作品。青木聡汰編曲、世界初演)

M.ブルッフ:6つのピアノ小品op.12-1
R.シュトラウス(ギーゼキング編曲):セレナーデ
R.シュトラウス(マルテンポ編曲):夜に
スクリャービン:詩曲「焔に向かって」op.72

近藤浩平:山田耕筰に捧ぐる曲 作品201(世界初演)
佐原詩音:春風走れ!-国道134号線の海と富士-他(世界初演)
梅本佑利:ピコ子!(世界初演)

杉浦菜々子
5歳からピアノを始める。共立女子大学文芸学部日本文学コース卒業後、ヤマハシステム講師として伊藤楽器に勤務し、そののち武蔵野音楽大学大学院博士前期過程修了。同大学にて伴奏研修員を務める。山田彰一氏、崎川晶子氏、土屋美寧子氏、和波孝禧氏らに師事。これまでソロリサイタル、他楽器とのデュオリサイタル、トリオリサイタルなど多く開催。2018年5月にチェコフィルハーモニーゾリステンと共演。2016年よりピティナ公開録音コンサートで「日本人作品の夕べ」シリーズとし、数多くの音源のない作品を演奏、その音源がピティナピアノ曲事典に登録されている。2018年11月にCD「山田耕筰ピアノ作品集」をリリース。「レコード芸術」誌にて【特選盤】に選出される。
また、後進の指導や地域での活動にも力を注いでおり、日本クラシック音楽コンクール審査員、ピティナピアノステップアドヴァイザーを務め、公共施設でのロビーコンサートなどに定期的に出演している。
日仏現代音楽協会正会員。日本音楽表現学会会員。ピティナ正会員。

【注意事項】
✳︎定員20人(収容率50%)の予約制コンサートとなります。
✳︎参加者の氏名、連絡先をホールが14日間保管します。
✳︎マスクの着用をお願いします。入場時に体温測定を行います。
✳︎熱発、味覚、嗅覚の異常など体調に異常がある方は、参加をご遠慮ください。

【日時、会場】
日時:2020年11月29日 日曜日
   13:30開場、14:00開演
定員:20人(収容率50%)
料金:2,000円(喜捨受付)
会場:ハスキーズ・ギャラリー
   JR茅ヶ崎駅北口徒歩1分
   茅ヶ崎市新栄町1-1YAMAJIビル6F
   https://www.huskys-g.com/

【お申し込み、お問い合わせ】
  湘南クラシック音楽を愛する会
  shonan.classic@gmail.com
  090-3695-5450(藤本)

0 件のコメント: